消費者金融から融資を受けた経験

もう5年ほど前の事、私の給与もあまり高くないし、またあまり貯蓄もなかったころです。
そのようなときに思いもよらない、怪我をしてしまい、2週間ほどの入院をしてしまいました。
しかし、その怪我の治療も1段落をして、退院しなくてはならなくなったのですが、その退院時には、支払いが待っているのですが、会社の保険組合からの振り込みは、1月先になっていて、どうしても、この間1か月のギャップが出来てしまったのです。
さてどうしたものかと、色々思案した挙句、消費者金融からの融資を受けることにしました。
1か月先には、会社のほうから入金されることが、はっきりしていましたので、あまり、心配しないで借りることにしました。
その時、消費者金融の担当の窓口の人は、一応、そのお金を何に使うのかとか、返済は大丈夫ですか、などと事情を聴いてくれて、ありのままの事を説明すると、2つ返事でOKしてくれて、その日のうちに、融資してくれました。
これで私は退院時に、全ての入院費を清算して、自宅に帰ることが出来ました。
この時は本当にありがたかったです。
病院側も、事情を話すと、たぶん少しの期間は待ってくれるとは思いましたが、でも、自分の気持ち的には、病院に支払いを伸ばしてもらうよりは、多少の金利は必要になりましたが、やはり退院時に、きっちり清算したほうがいいと思い、消費者金融から、ゆうししてもらいました。
この場合は先ほどものべましたとおり、会社からの入金の日と、金額が明確になっていましたので、殆ど心配も、迷いもなくそのように」決定しました。
今回のような、はっきり返済できるケースの場合には、消費者金融はすぐに融資してくれますので、非常に助かります。
これが一般の銀行などでしたら、融資の際の、手続きなどが複雑で、したがって、すぐの融資は、困難ではないのかと思います。
この時より以降は、貯蓄もし始めて、突然の出費に備えるようにしましたので、あの時以来、消費者金融には、お世話になっていませんが、今となっては、良い経験だったと思っています。