消費者金融の融資を利用した感想

消費者金融の融資を利用しました。
いろいろな業者があり、判断に迷ったので比較サイトを利用して業者選びをしました。
ここでは、銀行系がおすすめとあったのです。
銀行系は、非銀行系と比べて低金利なのが魅力でした。
借入期間は1~2ヵ月を目処にしていましたが、1%でも低金利で借りたいのは一緒です。
融資時の実質年率は17%になりました。
わたしは当初、年間に17%の利息がつくと思っていましたが、どうやら違うようです。
利息が発生する対象は、あくまで元金になります。
つまり、元金を一気に減らしてしまえば、その後はほとんど利息が付かないということです。
借入額は希望していた20万円になり、5日後の給料日に一気に10万円を返済したので、その後は利息があまり付きませんでした。
残りの10万円は、翌月の給料日に返済しました。
消費者金融の金利は高いと聞いていたのですが、これは数年前の話だそうです。
今は法的にグレーゾーン金利での貸し出しはできないのです。
仮に行ってしまうと罰則の対象となるので、普通の業者は正規の金利で貸し出しています。
ローンを完済したあとは、そのまま契約を継続しました。
完済と同時に解約してもいいそうですが、また利用することもあるかもしれません。
解約してしまうと、再び審査を受けないとダメなので面倒です。
無理に解約するよりも、そのまま契約を続けたほうがよさそうです。
借り入れをしなければ利息は当然発生しないので、まったくデメリットはありません。
わたしが利用額を20万円と小額にしたのは、借りすぎ防止のためです。
友人が「借りすぎると使いたくなる」と言っていたので、最小限の借入額に留めました。
おかげで、借りすぎて困ることはありませんでした。
消費者金融のローンを1本持っておけば、お金が急に必要なときに助かります。
財布を落としてしまっても、借りることができれば対処法が見つかります。
タクシーや電車に乗ることもできるので、無事に家まで帰ることもできます。