消費者金融は明るい所でした

テレビドラマや映画などの影響なのか、消費者金融には暗いイメージが付きまとっていたのですが、実際に利用してみて、全くそんな事はありませんでした。
明るいと言ったら語弊があるかもしれませんが、爽やかとでも言いたい所でした。
これまで、消費者金融の利用を随分と悩んで思い詰めていた事を、もっと早くに相談に来れば良かったと思いました。
借りた理由は、冠婚葬祭が続いたからでした。
こればかりは、今生活が苦しいからと断る訳にも行きませんでした。
ちゃんと一般的な額を携えて参列しなければと、これまでコツコツと貯めて来た貯金や、家の貯金箱も開けて数えてみたのですが、足りませんでした。
親に頼ったのですが、親も年金暮らしで貸す余裕はないと言っていて、それではと友人を頼ったのですが、何人頼ってもごめんと断られてばかりでした。
そして、消費者金融しか頼る所がなかったのです。
最初は恐る恐る訪れたのですが、冒頭にも書きました通り、とても明るい所で借り易かったです。
冠婚葬祭で包んだ金は、到底借りた金とは言えませんでしたが、ちゃんと義務を果たせたと胸を撫で下ろしました。
その後は、消費者金融にちゃんとを返しました。
そうしないと、気持ちが落ち着かなかったという事もあります。
返済は、楽でした。
金利は宣伝にあった通りで、計画的な借り方と返し方が出来たと思います。
もっと高額を借りていたら大変だっただろうかと、色々とシミュレーションしてみたのですが、こちらも計画的に返済できそうでした。
いい勉強と体験が出来ました。